物づくりにまつわる物語

Ameliaアメリア

インド特有のしぼの入ったレーヨン素材に、全面に機械刺繍を施しました。
刺繍の一部に入っているチュール部分は、表地と重ねた後に、全て手作業で表地部分のみをカットし、チュール部分を透かせています。
この‘Amelia’は、女性の柔らかな美しさと、真の強さを表現したシリーズです。

刺繍図案には、カルミアの花を書き起こしました。
カルミアの花言葉は『大きな希望』『野心』『優美な女性』です。
形は、壮麗な総刺繍の生地とは対極的な、サファリジャケットとパンツのセットアップに仕立てました。
柔らかな素材に、ゆとりあるサイズや仕様で仕立てることで、現代的にアップデートしています。

困難な時代をしなやかに生き抜く女性たちに、纏っていただければ幸いです。

インド特有のしぼの入ったレーヨン素材に全面に機械刺繍を施しました
刺繍の一部に入っているチュール部分は表地と重ねた後に
全て手作業で表地部分のみをカットしチュール部分を透かせています
この‘Amelia’は
女性の柔らかな美しさと真の強さを表現したシリーズです

刺繍図案にはカルミアの花を書き起こしました
カルミアの花言葉は『大きな希望』『野心』『優美な女性』です
形は壮麗な総刺繍の生地とは対極的な
サファリジャケットとパンツのセットアップに仕立てました
柔らかな素材にゆとりあるサイズや仕様で仕立てることで
現代的にアップデートしています

困難な時代をしなやかに生き抜く女性たちに纏っていただければ幸いです

Chloeクロエ

今回のコレクションは、霞がかり暮れなずんでいく空模様や、季節の移り変わりなどの、言葉にし難い、おおらかで幻想的な自然の美しさから着想を得ています。
この‘Chloe’は、静かな美しさを持つ季節や空を表現したシリーズです。

生地には、インド特有の柔らかに揺れるレーヨンのカットドピーを使用しました。
ドピーとは一般的に、ドピー織機によって連続した幾何学模様に織り上げられます。
雪のようにも花のようにも見える生地は、重なり合って織られているため、透け感がありながらも過度ではなく、上品な魅力をもちます。
カットされた生地の裁ち端部分からは、ふわふわとした柔らかさが醸し出されています。

独特に落ちて揺れる生地の美しさを楽しめるよう、
惜しみなくピンタックをあしらい、大胆なボリュームを出しました。

今回のコレクションは霞がかり暮れなずんでいく空模様や季節の移り変わりなどの
言葉にし難いおおらかで幻想的な自然の美しさから着想を得ています
この‘Chloe’は
静かな美しさを持つ季節や空を表現したシリーズです

生地にはインド特有の柔らかに揺れるレーヨンのカットドピーを使用しました
ドピーとは一般的にドピー織機によって連続した幾何学模様に織り上げられます
雪のようにも花のようにも見える生地は重なり合って織られているため
透け感がありながらも過度ではなく上品な魅力をもちます
カットされた生地の裁ち端部分からはふわふわとした柔らかさが醸し出されています

独特に落ちて揺れる生地の美しさを楽しめるよう
惜しみなくピンタックをあしらい大胆なボリュームを出しました

Vianneヴィアンヌ

生地と生地の間に厚紙を挟み、縫製後にその紙を取り除くことで、繊細なステッチワークだけが残る、不思議な手仕事があります。
珠(Bead)をつないだように見えることから、
工場とは‘Beading’として話しています。
この‘Vianne’は、名称も未だ定かではないような、ささやかな手仕事に光をあてたシリーズです。

素材は、インドのレーヨンサテンを使用しています。
独特の鈍い光沢感と、落ち感が美しい繊細なこの素材に、細やかなBeadingをふんだんにあしらいました。

仄かに光る‘Vianne’のドレスは、アウターの中でも厳かな存在感を示します。

生地と生地の間に厚紙を挟み縫製後にその紙を取り除くことで
繊細なステッチワークだけが残る不思議な手仕事があります
珠(Bead)をつないだように見えることから
工場とは‘Beading’として話しています
この‘Vianne’は
名称も未だ定かではないようなささやかな手仕事に光をあてたシリーズです

素材はインドのレーヨンサテンを使用しています
独特の鈍い光沢感と落ち感が美しい繊細なこの素材に
細やかなBeadingをふんだんにあしらいました

仄かに光る‘Vianne’のドレスはアウターの中でも厳かな存在感を示します

Luisaルイーズ

珠(Bead)をつないだように見える、Beadingと呼んでいる手仕事に、様々な巾や方向の手仕事でしか折れないタックを、贅沢に組み合わせて表現しました。
この‘Luisa’は、Pheetaを特徴付けるピンタックが主役のシリーズです。

生地には、厚手のインド綿のツイル素材を使用しました。
厚い生地にタックを折りたたんでいくには、技術と労力を必要とします。
身頃の半分以上に、時間をかけて手仕事を施した、Pheetaを体現する一着となりました。

職人の技術が光る1枚を、ご堪能くださいませ。

珠(Bead)をつないだように見えるBeadingと呼んでいる手仕事に
様々な巾や方向の手仕事でしか折れないタックを贅沢に組み合わせて表現しました
この‘Luisa’は
Pheetaを特徴付けるピンタックが主役のシリーズです

生地には厚手のインド綿のツイル素材を使用しました
厚い生地にタックを折りたたんでいくには技術と労力を必要とします
身頃の半分以上に時間をかけて手仕事を施したPheetaを体現する一着となりました

職人の技術が光る1枚をご堪能くださいませ

Katieケイティ

インドではその気候から、羊毛を着る文化が少なく、
ウール素材の調達は難しい状況があります。
その中でも、パキスタン国境付近の都市アムトリサルでは、100年前から変わらない織機でウールを織る文化が引き継がれています。
この‘Katie’は、インドならではのウール素材の心地よさと、手仕事の温かな美しさを堪能していただけるシリーズです。

素材は、インドではあまり作られないしっかりとした厚さのウールに織り上げています。
手仕事には、Beadingと呼ぶ繊細なステッチワークや、生地を両端から力を加え引き延ばすことでCord(ひも)状に丸め、手刺繍で止めていく、 ‘Cording’と呼んでいる刺繍技術も使用しました。

ぜひ温もりを実感いただければ幸いです。

インドではその気候から羊毛を着る文化が少なく
ウール素材の調達は難しい状況があります
その中でもパキスタン国境付近の都市アムトリサルでは
100年前から変わらない織機でウールを織る文化が引き継がれています
この‘Katie’は
インドならではのウール素材の心地よさと
手仕事の温かな美しさを堪能していただけるシリーズです

素材はインドではあまり作られないしっかりとした厚さのウールに織り上げています
手仕事にはBeadingと呼ぶ繊細なステッチワークや
生地を両端から力を加え引き延ばすことでCord(ひも)状に丸め
手刺繍で止めていく‘Cording’と呼んでいる刺繍技術も使用しました

ぜひ温もりを実感いただければ幸いです

Reiレイ

本シリーズに用いているリバーレースは、19世紀初頭にイギリスで開発された、100年以上の歴史を持つボビンレース機から生まれます。
人の手で、1本1本、糸をかけた5,000枚ものボビンか紡がれる姿には、柔らかな風合いと温かな美しさが宿ります。
そのリバーレースを手仕事のタックと組み合わせ、贅沢にあしらいました。
この‘Rei’は、優美な手仕事の美しさを体感していただけるシリーズです。

首回りにあしらった細かなギャザーにより、体から離れたシルエットを実現しています。
たっぷりと生地を使用したデザインの為、レーヨン素材と作り比べ、着用時のしわのつきにくさから、ポリエステル素材を選びました。
その為、なお更長く繋いでいただければありがたく存じます。

本シリーズに用いているリバーレースは19世紀初頭にイギリスで開発された
100年以上の歴史を持つボビンレース機から生まれます
人の手で1本1本糸をかけた5,000枚ものボビンか紡がれる姿には
柔らかな風合いと温かな美しさが宿ります
そのリバーレースを手仕事のタックと組み合わせ贅沢にあしらいました
この‘Rei’は
優美な手仕事の美しさを体感していただけるシリーズです

首回りにあしらった細かなギャザーにより体から離れたシルエットを実現しています
たっぷりと生地を使用したデザインの為レーヨン素材と作り比べ
着用時のしわのつきにくさからポリエステル素材を選びました
その為なお更長く繋いでいただければありがたく存じます

Veraベラ

まるでニットのように伸びやかで着心地がよく、肌着のように身に纏え、気軽に手入れしていただける、汎用性の高い1枚を目指しました。
この‘Vera’は、第二の肌を目指したシリーズです。

素材は、薄地の綿にポリウレタンを引き揃えて生地からを織り上げることで、布帛でありながらもニットのような伸縮性と柔らかさを実現しました。

簡素なデザインは、ディテールが際立ったPheetaのこれまでのアイテムに溶け込み、日常的に身に纏うことができます。
今回のコレクションでは、定番のストレートシルエットのパンツと、新たにロングドレスを作成しました。
1枚でもセットアップとしても、ご愛用いただけます。

まるでニットのように伸びやかで着心地がよく肌着のように身に纏え
気軽に手入れしていただける汎用性の高い1枚を目指しました
この‘Vera’は
第二の肌を目指したシリーズです

素材は薄地の綿にポリウレタンを引き揃えて生地からを織り上げることで
布帛でありながらもニットのような伸縮性と柔らかさを実現しました

簡素なデザインは
ディテールが際立ったPheetaのこれまでのアイテムに溶け込み
日常的に身に纏うことができます
今回のコレクションでは定番のストレートシルエットのパンツと
新たにロングドレスを作成しました
1枚でもセットアップとしてもご愛用いただけます

Trinityトリニティ

胸回りの生地を切り替えた、メンズのフォーマルなドレスシャツを「ブザムシャツ」と呼びます。
この‘Trinity’は、女性の日常にブザムシャツを組み入れたシリーズです。

生地は、太番手の綿糸を平織りした、インド製のポプリン素材を使用しました。
切り替えた胸回りのディテールは、本来のブザムシャツに忠実にならい、手仕事のピンタックで表現しています。
今回のコレクションでは、新たにおおらかなシルエットのシャツとドレスを仲間入りさせました。
伝統的な特徴は守りながらも、動きやすく、風が通るような余裕のあるシルエットがシリーズの特徴です。

また、このシリーズでは「ホワイト」の襟の裏側を、薄いベージュで仕立てています。
着用いただく中での生地の黄ばみを目立ちづらくすることで、よりお手入れしやすく、さらに長く着ていただきたいと考えています。

胸回りの生地を切り替えた
メンズのフォーマルなドレスシャツを「ブザムシャツ」と呼びます
この‘Trinity’は女性の日常にブザムシャツを組み入れたシリーズです

生地は太番手の綿糸を平織りしたインド製のポプリン素材を使用しました
切り替えた胸回りのディテールは本来のブザムシャツに忠実にならい
手仕事のピンタックで表現しています
今回のコレクションでは
新たにおおらかなシルエットのシャツとドレスを仲間入りさせました
伝統的な特徴は守りながらも
動きやすく風が通るような余裕のあるシルエットがシリーズの特徴です

またこのシリーズでは
「ホワイト」の襟の裏側を薄いベージュで仕立てています
着用いただく中での生地の黄ばみを目立ちづらくすることで
よりお手入れしやすくさらに長く着ていただきたいと考えています