物づくりにまつわる物語

Floraフローラ

テープやリボンなどの様々な素材をステッチと一緒に縫い付ける手法を「コード刺繍」といいます。
古くはヨーロッパのエンブレムにも用いられた立体感のある仕上がりが特徴の刺繍ですが、Pheetaでは、繊細な生地と組み合わせることにしました。
この‘Flora’は、コード刺繍を用いた、自由な女性の機微に触れるシリーズです。

刺繍図案は、変幻自在な水に、女性の自由を重ね合わせ、雫に集まる美しい植物や水鳥、雨をイメージして書き起こしました。
また生地は、シルクと似た特徴をもつレーヨンを混紡した
ほんのりと光沢のある、インド製のコットンボイル素材を使用しています。

まるで絵を描くように、熟練の職人たちが古い刺繍ミシンを使い、1点1点、フリーハンドで刺繍を施した洋服には、おおらかで自由な手仕事ならではの美しさが光ります。

テープやリボンなどの様々な素材を
ステッチと一緒に縫い付ける手法を「コード刺繍」といいます
古くはヨーロッパのエンブレムにも用いられた
立体感のある仕上がりが特徴の刺繍ですが
Pheetaでは繊細な生地と組み合わせることにしました
この‘Flora’はコード刺繍を用いた
自由な女性の機微に触れるシリーズです

刺繍図案は、変幻自在な水に、女性の自由を重ね合わせ
雫に集まる美しい植物や水鳥雨をイメージして書き起こしました
また生地はシルクと似た特徴をもつレーヨンを混紡した
ほんのりと光沢のあるインド製のコットンボイル素材を使用しています

まるで絵を描くように熟練の職人たちが古い刺繍ミシンを使い
1点1点フリーハンドで刺繍を施した洋服には
おおらかで自由な手仕事ならではの美しさが光ります

Mabelメイベル

インドの民族衣装で目にする、伝統的な技法のブロックプリントは、その歴史を紀元前にまで遡るといわれます。
手彫りの木版を使い、生地にインクを押し付けていくいわゆる版画のような技法で、複雑な柄は幾重にも木版で色を重ねるため、非常に手間のかかるプリントです。
そのため、ブロックプリント発祥の地であるラジャスターン州の州都・ジャイプールにはかつて多くの職人がいましたが、年々、跡継ぎが減っているのが現状です。
この‘Mabel’は、その歴史と技術を現代に落とし込み、新たな時代へ繋ぐシリーズです。

プリント図案は、水鳥と植物が絡み合う3種類を書き起こし、12版もの木版を彫りました。
生地には、綿糸を平織りした薄手のコットンオーガンジーを使用しています。
上品な透け感とほどよい張り感を持ち合わせたこの素材に、デニムに使うインディゴなどの染料で版を施しました。
柄と柄のつなぎ目が美しいことから、熟練の手仕事が見てとれます。
経年変化による色味の変化も楽しんでいただければ幸いです。

※このシリーズは、生地の状態で3度洗っていますが、洗濯の際は単独の手洗いを推奨いたします。
また、濡れた状態での他のものへの色移りにもご注意ください。

インドの民族衣装で目にする伝統的な技法のブロックプリントは
その歴史を紀元前にまで遡るといわれます
手彫りの木版を使い生地にインクを押し付けていくいわゆる版画のような技法で
複雑な柄は幾重にも木版で色を重ねるため非常に手間のかかるプリントです
そのためブロックプリント発祥の地であるラジャスターン州の州都・ジャイプールには
かつて多くの職人がいましたが年々跡継ぎが減っているのが現状です
この‘Mabel’はその歴史と技術を現代に落とし込み
新たな時代へ繋ぐシリーズです

プリント図案は水鳥と植物が絡み合う3種類を書き起こし12版もの木版を彫りました
生地には綿糸を平織りした薄手のコットンオーガンジーを使用しています
上品な透け感とほどよい張り感を持ち合わせたこの素材に
デニムに使うインディゴなどの染料で版を施しました
柄と柄のつなぎ目が美しいことから熟練の手仕事が見てとれます
経年変化による色味の変化も楽しんでいただければ幸いです

※このシリーズは生地の状態で3度洗っていますが洗濯の際は単独の手洗いを
推奨いたしますまた濡れた状態での他のものへの色移りにもご注意ください

Kateケイト

本シリーズに用いているリバーレースは、19世紀初頭にイギリスで開発された、100年以上の歴史をもつボビンレース機から生まれます。
人の手で、1本1本、糸をかけた5,000枚ものボビンから紡がれる姿には、柔らかな風合いと温かな美しさが宿ります。
そのリバーレースと刺繍レースを贅沢にテープ状にあしらい、手仕事のピンタックと組み合わせ、まるで生地の織柄のように全面に施しました。
この‘Kate’は、古い織機から紡がれるレースと繊細なピンタックが織りなす、手仕事の美しさを堪能していただけるシリーズです。

生地には、太番手の綿糸を平織りしたインド製のポプリン素材を使用し、特徴である手仕事が際立つように、ほぼ直線のパターンで、シンプルなシルエットに構成しました。

着用を重ねる中での経年変化による生地の表情の移ろいにも、味わいを感じていただけるはずです。

本シリーズに用いているリバーレースは
19世紀初頭にイギリスで開発された
100年以上の歴史をもつボビンレース機から生まれます
人の手で1本1本糸をかけた5,000枚ものボビンから紡がれる姿には
柔らかな風合いと温かな美しさが宿ります
そのリバーレースと刺繍レースを贅沢にテープ状にあしらい
手仕事のピンタックと組み合わせまるで生地の織柄のように全面に施しました
この‘Kate’は古い織機から紡がれるレースと繊細なピンタックが織りなす
手仕事の美しさを堪能していただけるシリーズです

生地には太番手の綿糸を平織りしたインド製のポプリン素材を使用し
特徴である手仕事が際立つように
ほぼ直線のパターンでシンプルなシルエットに構成しました

着用を重ねる中での
経年変化による生地の表情の移ろいにも味わいを感じていただけるはずです

Hareyハリー

淡く幻想的な霧、繊細な水の泡、強く激しい雨など、水は様々な姿に変容します。
この‘Harey’は、今回のコレクションの着想元である、自在な水の様態を表現したシリーズです。

生地は、インド製ならではの、織り密度が甘く、柔らかで薄いコットンボイル素材を使用しています。
そこに、天然ののり付け加工を施すことで、独特の張り感をもたせて仕上げました。
着用と洗濯を繰り返す中で、生地ののり付けが少しずつ落ち、しなやかに変容するその過程を楽しんでいただければ幸いです。

また、背中や胸元、手元などには、手仕事ならではの細かなピンタックをあしらっています。
素材の透け感や軽やかさを活かし、たっぷりとしたシルエットに仕上げました。

淡く幻想的な霧繊細な水の泡強く激しい雨など
水は様々な姿に変容します
この‘Harey’は今回のコレクションの着想元である
自在な水の様態を表現したシリーズです

生地はインド製ならではの織り密度が甘く
柔らかで薄いコットンボイル素材を使用しています
そこに天然ののり付け加工を施すことで
独特の張り感をもたせて仕上げました
着用と洗濯を繰り返す中で生地ののり付けが少しずつ落ち
しなやかに変容するその過程を楽しんでいただければ幸いです

また背中や胸元手元などには
手仕事ならではの細かなピンタックをあしらっています
素材の透け感や軽やかさを活かしたっぷりとしたシルエットに仕上げました

Ukilウキル

インド北東部にある、ベンガル地方出身の
サラダ・ウキル(Sarada Ukil)という男性画家がいました。
彼の作品のいくつかは、インドの国立近代美術館に所蔵されています。
そこに出てくる、優しく、淡いタッチで描かれる幻想的な女性像からは、Pheetaの目指すものづくりとの繋がりを感じます。
この‘Ukil’は、ウキルの描き出す、おおらかで美しい女性たちに捧げるシリーズです。

生地には、インド製ならではの織り密度の甘い、平織りの麻素材を使用しました。
麻特有の粗野な素材感に1点1点、古い織機から紡ぐリバーレースを贅沢に合わせることで、控えめな甘さを表現しています。
また、ふんだんにギャザーやピンタックをあしらい、おおらかなボリュームと立体感を生み出しています。

インド北東部にあるベンガル地方出身の
サラダ・ウキル(Sarada Ukil)という男性画家がいました
彼の作品のいくつかはインドの国立近代美術館に所蔵されています
そこに出てくる優しく淡いタッチで描かれる幻想的な女性像からは
Pheetaの目指すものづくりとの繋がりを感じます
この‘Ukil’はウキルの描き出す
おおらかで美しい女性たちに捧げるシリーズです

生地にはインド製ならではの織り密度の甘い
平織りの麻素材を使用しました
麻特有の粗野な素材感に
1点1点古い織機から紡ぐリバーレースを贅沢に合わせることで
控えめな甘さを表現しています
またふんだんにギャザーやピンタックをあしらい
おおらかなボリュームと立体感を生み出しています

Veraベラ

まるでニットのように伸びやかで、着心地がよく、肌着のように身に纏い、気軽に手入れしていただける、汎用性の高い1枚を目指しました。
この‘Vera’は、第二の肌を目指したシリーズです。

素材は、薄地の綿にポリウレタンを引き揃えて生地からを織りあげることで、布帛でありながらもニットのような伸縮性と柔らかさを実現しました。

簡素なデザインは、ディテールが際立ったPheetaのこれまでのアイテムに溶け込み、日常的に身に纏うことができます。
今回のコレクションでは、よりリラックスして着ていただけるように、パンツはややゆったりとしたシルエットに仕立てました。
1枚でも重ね着しても、ご愛用いただけます。

まるでニットのように伸びやかで着心地がよく
肌着のように身に纏い気軽に手入れしていただける
汎用性の高い1枚を目指しました
この‘Vera’は第二の肌を目指したシリーズです

素材は薄地の綿にポリウレタンを引き揃えて生地からを織りあげることで
布帛でありながらもニットのような伸縮性と柔らかさを実現しました

簡素なデザインは
ディテールが際立ったPheetaのこれまでのアイテムに溶け込み
日常的に身に纏うことができます
今回のコレクションではよりリラックスして着ていただけるように
パンツはややゆったりとしたシルエットに仕立てました
1枚でも重ね着してもご愛用いただけます

Emmaエマ

パンツの脇の切替や、身頃のフロント部分に共通するふっくらとした膨らみは、ピンタックの中に、1本1本、コード(紐)を入れながら縫製しています。
Pheetaならではの、手仕事でしかなし得ない特徴です。
この‘Emma’は、青色と白色の対比や、生地の使い分けにより、女性のもつ両面性を表現しています。

素材には、デザインに合わせた2種類の生地を組み合わせて使用しました。
一つは、打ち込みがよく密度の高い綿と、麻を混紡した素材で、もう一つは、光沢感としっかりとした厚みのある綿のサテン素材です。
同一のシリーズに力強さと繊細さのそれぞれが際立つアイテムを共生させています。

刺繍図案は、水の泡と花をイメージし、書き起こしました。

パンツの脇の切替や身頃のフロント部分に共通するふっくらとした膨らみは
ピンタックの中に1本1本コード(紐)を入れながら縫製しています
Pheetaならではの手仕事でしかなし得ない特徴です
この‘Emma’は青色と白色の対比や生地の使い分けにより
女性のもつ両面性を表現しています

素材にはデザインに合わせた2種類の生地を組み合わせて使用しました
一つは打ち込みがよく密度の高い綿と麻を混紡した素材で
もう一つは光沢感としっかりとした厚みのある綿のサテン素材です
同一のシリーズに
力強さと繊細さのそれぞれが際立つアイテムを共生させています

刺繍図案は水の泡と花をイメージし書き起こしました

Sylviaシルビア

精巧なリバーレースや手仕事のピンタックなど、Pheetaが大切にする技術を散りばめました。
リバーレースは3種類のレースを重ね合わせて1枚の図案を形成し、生地に縫い付けるのではなく、接ぎ合わせることで
ほどよい透け感に仕立てています。
この‘Sylvia’は、繊細な透明感を表現したシリーズです。

素材には、‘Ukil’シリーズでも使用した、インド製ならではの織り密度の甘い、平織りした麻を使用しました。
トップスには、コットンチュール素材も使用しています。

Pheetaだから表現できる、そして、女性だからこそ味わうことのできる一着をどうぞご堪能ください。

精巧なリバーレースや手仕事のピンタックなど
Pheetaが大切にする技術を散りばめました
リバーレースは3種類のレースを重ね合わせて1枚の図案を形成し
生地に縫い付けるのではなく接ぎ合わせることで
ほどよい透け感に仕立てています
この‘Sylvia’は繊細な透明感を表現したシリーズです

素材には‘Ukil’シリーズでも使用した
インド製ならではの織り密度の甘い平織りした麻を使用しました
トップスにはコットンチュール素材も使用しています

Pheetaだから表現できる
そして女性だからこそ味わうことのできる一着を
どうぞご堪能ください

Trinityトリニティ

胸回りの生地を切り替えた、メンズのフォーマルなドレスシャツを「ブザムシャツ」と呼びます。
この‘Trinity’は、女性の日常にブザムシャツを組み入れたシリーズです。

生地は、太番手の綿糸を平織りした、インド製のポプリン素材を使用しました。
切り替えた胸回りのディテールは、本来のブザムシャツに忠実にならい、手仕事のピンタックで表現しています。
今回のコレクションでは、より自由で女性的なドレスタイプを仲間入りさせました。
伝統的な特徴は守りながらも、動きやすく、風が通るような余裕のあるシルエットがシリーズの特徴です。

また、前回のコレクションから、「ホワイト」の襟の裏側を、薄いベージュで仕立てています。
着用いただく中での生地の黄ばみを目立ちづらくすることで、よりお手入れしやすく、さらに長く着ていただきたいと考えています。

胸回りの生地を切り替えた
メンズのフォーマルなドレスシャツを「ブザムシャツ」と呼びます
この‘Trinity’は
女性の日常にブザムシャツを組み入れたシリーズです

生地は太番手の綿糸を平織りしたインド製のポプリン素材を使用しました
切り替えた胸回りのディテールは本来のブザムシャツに忠実にならい
手仕事のピンタックで表現しています
今回のコレクションではより自由で女性的なドレスタイプを仲間入りさせました
伝統的な特徴は守りながらも
動きやすく風が通るような余裕のあるシルエットがシリーズの特徴です

また前回のコレクションから
「ホワイト」の襟の裏側を薄いベージュで仕立てています
着用いただく中での生地の黄ばみを目立ちづらくすることで
よりお手入れしやすくさらに長く着ていただきたいと考えています